半導体

  • HOME »
  • 事業分野 »
  • 半導体
生産工程の「自動化」「効率化」「見える化」実現を支援します。

2000年代当初から、九州はIC産業や関連産業の集積が多いことからシリコンアイランドと呼ばれてきました。また、半導体生産の全国シェアは30%という高いシェアを誇ってきました。

そうした背景の中でSRA西日本は、1994年度より半導体工場の生産効率改善、コスト削減のためのシステム開発、改善に携わってきました。半導体関連のシステム開発は、製造業の中においても最も業務知識が求められる産業の中の一つです。非日常的な業務用語、聞きなれない設備等の知識をシステム開発を行う上で一つ一つ蓄えて、現在に至っては、お客様にアドバイスできるまでエンジニアも育っています。

当然、システム開発においては、お客様の要求に対して、それを実現させるためのシステム開発技術が必要となります。その点においては、参入当初よりお客様から大きな信頼を得ております。

また、半導体工場においてもMES(Manifactuaring Excution System)を合言葉に生産管理システムの統合が行われています。また【少量多品種の生産に対応できるシステム】、【生産状況をガラス張りにできる(注文した製品の現在の状況がすぐ確認できる)システム】の構築が望まれています。その中で、SRA西日本も今までのシステム構築の方法だけでなく、『システムのカプセル化』『再利用性を重視したシステム構築』を提供し、お客様の要求に迅速に対応できるよう取組んでおります。

現在も継続し、「数百件/分の報告データ」「1000万件近い履歴データ」を扱い、かつ24時間稼働するシステムといった過酷な条件の元でのシステム開発は、絶えずエンジニアを育ててもらっております。
スキルレベルの高いエンジニアがお客様の要件を強力に支援します。

Copyright © 株式会社SRA西日本 All Rights Reserved.