製品・ソリューション
  • HOME »
  • 製品・ソリューション »
  • »
  • UniVision リメディアル学修支援システム

UniVision リメディアル学修支援システム

自ら学ぶ習慣の確立と継続を支援します
UniVisionリメディアル学修支援システムは、eラーニングに加えSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の環境を提供することで、教員と学生、学生と学生のコミュニケーションを通じた継続的、心理的な学修サポートをめざしています。

eラーニングの導入だけでは解決できない問題があります

入学時から
基礎学力がついていない
 
授業の内容が
理解できない
 
同じ学部・学科で
学力に差がある
arrow_b
  • 自ら学ぶ習慣が十分に育成できないまま
    ドロップアウトしてしまう学生がいる
  • 自分の意見を伝える力(発信力)、人の意見を丁寧に聞く力(傾聴力)を育てたい
 
  • 学生の興味や疑問にすばやく対応したり
    学ぶ意欲が継続するようサポートしたい
  • 場所や時間を限定しない自己学習環境を
    提供できないだろうか

UniVisionリメディアル学修支援システムの効果

  1. 自ら学ぶ習慣の確立と継続をサポート

    SNSを通じて学生に継続的・心理的に学修継続に対するサポートを行うことで、学生の主体的な学修行動を育成します。

  2. 教員と学生とのコミュニケーションの充実

    学修上の疑問やそれに対する回答などの情報を教員・学生間で共有することで、その時々に適切な助言が可能となります。

  3. 学生が相互に刺激を与えながら成長する場

    双方向のコミュニケーションを利用して、疑問や悩み、助言を共有し意見を発信することで、多様な人々と目標に向かう力を育てます。

  4. コミュニケーションに携帯端末をサポート

    パソコンはもちろん、スマートフォンやタブレット型携帯端末が利用できるので、「いつでも・どこでも・何度でも」の環境を提供します。

UniVisionリメディアル学修支援システムの主な機能

  1. コミュニティ支援

    学修単位のコミュニティで助言やサポートを行ったり、学生同士の議論の場を提供します。

  2. 日記機能

    自分の考え、趣向を日記に書くことで情報の発信力を磨き、コメント機能により他の利用者とのコミュニケーションを図ります。

  3. eラーニング連携

    学修教材閲覧の為のLMSへの自動ユーザ登録、SSOでのログインをサポートします。

  4. 管理機能

    メンバーの一括登録、一斉メール送信、利用者画面へのインフォメーション機能、コミュニティ管理、アクセスログなどを提供します。

sol004_1

動作環境

■サーバ側
OS Red Hat Enterprise Linux 5以降 / CentOS 5以降
CPU Intel Xeon 2.5GHz以上 4Core以上
メモリー 4GB以上
ソフトウエア Tomcat 5.5以上 Apache 2.0以上
■クライアント側
Windows、Mac OSで稼働するブラウザー
*種類、バージョン等は別途お問合わせください
お問い合わせ先
株式会社SRA西日本 営業本部
文教システム担当 (吉村)
TEL:092-409-9411 / FAX:092-409-2911 / E-mail:edu-info@sraw.co.jp
Copyright © 株式会社SRA西日本 All Rights Reserved.